作業員

退去の手続きを実施

説明

引越しをするまでにあまり時間がないのであれば、なるべく1日で手続きがすむように不動産屋に訪問することです。その際に、住民票や申込金、印鑑などは準備しておきます。見て回る物件数ですが時間があるのであれば5件から10件ほどは見ておきたいところですが、そのような時間はありませんので内見する賃貸物件も3件ほどに絞り込みをしておきます。内見をして気に入った物件がありましたら入居申込をします。その際に申込金がかかる場合もあります。入居審査に通過しましたら、賃貸契約書を交わして初期費用を銀行振り込みします。あとは引っ越し業者を手配したり退去の手続きをするなどやることはたくさんありますので、計画を立てて行動をします。

転勤の命令で現在住んでいるところを退去して、あたらしく賃貸物件を探すことになりましたら、まずは退去の手続きからはじめることになります。退去は、来週引っ越すので退去しますということができず、予告可能期間があります。大抵は1ヶ月以上前から可能になります。あとは、転居先での賃貸物件探しです。急いでるのであれば直接不動産屋に訪問することです。不動産屋に訪問する前にメールまたは電話で予約をします。そのときに、どんな部屋に住みたいのか条件と、住むエリア、そして家賃の上限はどのくらいかなどを伝えておきます。そうしておくことで、不動産屋に訪問した時に営業担当の方が条件に見合う物件を何軒かピックアップしてもらえます。